アトピー肌だとニキビが出来やすい?原因と対処法について!

 

アトピー肌は、外部刺激から肌を守る機能が低いために、ちょっとした刺激で皮膚炎が出てしまいます。

遺伝的な影響が大きいことが知られており、各自の肌の状態に合わせて、ケアの方法を考えることが大切です。

ニキビの対策に興味を持っている若者が増えていますが、アトピー肌の症状を並行してケアすることで、魅力的な肌質を目指すことができます。

ニキビのケアを正しく理解するには、医師や看護師などの助言をもらうことはもちろん、肌へのダメージの少ない化粧品やオイルなどを用いることが良いとされます。

ニキビは、アトピー肌にも発症のしやすさがあります。

原因のひとつとしては、アトピー肌に共通する乾燥肌状態にあります。

乾燥が増すに従って、皮膚そのものが厚みを帯びることにより、毛穴の入り口を塞ぎ、体内からの老廃物の排出がうまく働きにくくなっていることが考えられます。

アトピー肌は、水分量が少なく乾燥しており、肌バリアの構成要素である天然保湿因子やセラミドが減少しているのです。

薬剤やスキンケアによって、肌に潤いを取り戻し、やわらかさを作り上げることによってニキビも出にくくなります。

スキンケア類は、敏感肌に刺激の少ないものを選ぶことがポイントです。

肌トラブルとして良く聞かれているニキビ肌やアトピー肌、一見全く違う肌トラブルのように見えて、原因はお肌の水分不足が引き金となっていることもあり、もっとも効果的な対処法としては、保湿ケアを徹底させることです。

またアトピー肌は言うまでもなく、ニキビも刺激を与えないことが醜い痕残りを回避させることにつながるので、お肌にできるだけソフトなお手入れを心がけることが大切です。

スキンケアを行う時は優しく触れるようにしましょう。